ストーマとは?もう大丈夫!一人で不安を抱えないで!

ストーマを造設することになったのは私だけなのでは?オストメイトの情報はどこで聞けばいいんだろう…?
そんな不安でいっぱいになっている方へ…、ぜひ見て欲しい情報を掲載しています。

オストメイトになったら

▶オストメイトの生活

食事
基本的に食事制限はありません。
栄養のバランスを考えて、規則正しく楽しく摂りましょう。
回腸ストーマ(イレオストミー)の方は、特に消化の良いものをとることと、一度に多量にとらないようにして下さい。尿路ストーマの方は、十分な水分の摂取を心がけ、状況に応じて、クランベリージュースやビタミンCなどで尿のアルカリ化を防ぎましょう。
(高血圧症、腎臓病、糖尿病等医師から食事療法を指示されている方はそれを守って下さい。)
入浴
入浴することでストーマにトラブルが起こることはありません。
排泄物の少ない時間帯を選んで積極的に入浴しましょう。
公共の浴場では必ず装具をつけて入りましょう。
運動
ストーマを傷つけるような激しい運動以外は大丈夫です。
ストレス解消のためにも適度な運動は続けてください。
運動を行う時は、安全性を考えて補強テープやストーマ用ベルトでストーマ装具を固定することもできます。
睡眠
寝る前には袋の中に溜まった排泄物を捨てる習慣をつけましょう。
尿の場合は採尿バッグをつなぐと安心して休めます。
旅行
OKです。環境や食生活の変化にそなえて装具は多めに用意しましょう。旅行先では事前にトイレの場所を確認しておくと安心です。次の行動に移る前にこまめに排便、排尿を済ませておきましょう。
性生活.出産
ストーマケアをマスターし、体力が回復してくるとセックスの欲求が出てくることは自然なことです。性生活はもちろん、女性の場合は医師の指導があれば妊娠・出産も可能です。
男性の場合は性機能障害を起こすことがありますが、治療できる場合もありますので医師に相談して下さい。
災害時の準備
ストーマ装具は最低でも1 週間分はすぐ使える状態で準備しておきましょう。
使用している装具名、販売店名、電話番号、かかりつけ病院、主治医などをメモして準備してある装具に入れておきましょう。
また、尿路ストーマの方は災害時は水分摂取量が少なくなりがちです。尿路感染を防ぐためにも、ペットボトルを備えておくと安心です。

この画面の上へ

▶トラブルを起こさないために

装着
ストーマ装具は耐用日数があります。それを目安にして、ご自身の皮膚の発汗量、排泄物の性状や量、気温や体温などを考慮して安全確実な自分の装着期間を決めて定期的な装具交換をしましょう。
(カレンダーに交換日をマークしておくのも良いです。)
交換
皮膚に排泄物が残っているとかぶれの原因になります。装具交換時は石鹸や洗浄剤で皮膚をきれいに洗いましょう。
(ただし、皮膚にびらんや痛みがある場合はお湯だけで洗いましょう)
装具交換のときに粘着部分を無理やり剥がさないで、専用の剥離剤やオイル等を使ってやさしく剥がしましょう。
体型の変化
体型が変わると(太る・痩せる等) 排泄物の漏れや装具のはがれなどによる皮膚トラブルが起きますので、装具の見直しが必要になってきます。専門のストーマ外来か購入業者へ早めに相談をして適切なストーマ装具を選択してもらいましょう。
こんな時は医師へ
皮膚トラブル(炎症・かぶれ) ストーマの出血、陥没、狭窄、脱出、脱落や、腸の脱出、閉塞は早めに医師の診断をうけてください。
ストーマには痛みを感じる神経細胞がありませんので、少しの刺激で出血することがありますが、少量の出血は普通に見られますので安心してください。ただし、出血が止まらない場合は医師の診察を受けてください。

この画面の上へ